真空ガラス「スペーシア」で窓から始めるエコライフ

  • 結露にお困りの方
  • 真空ガラス「スペーシア」施工事例
  • 窓ガラス交換でエコポイント
  • FAXフォーム
  • お問合せフォーム
  • スペーシアに交換されたお客様には通常の25%引きに加え、不要ガラスを下取りします!下取りキャンペーン中!
  • 求人募集

クレジットカード使えます

チャレンジ25

結露にお悩みの方

結露はなぜ起こるのでしょうか?

寒い日の朝、結露でビショビショに濡れた窓を見た経験のある方は多いのではないでしょうか?壁や床を汚すだけでなく、窓枠材を傷めるおそれがあります。またカビやダニが発生する原因にもなります。かと言って、毎回毎回、結露を拭くのも大変な手間となります。

結露は部屋の中と外の温度差によって発生します。暖かい部屋の水蒸気が、外気で冷たく冷えたガラスに触れると、急激に冷やされて結露のなるのです。

一枚ガラスとスペーシアの違い

どうすれば結露が起きなくなるのか?

結露を防止するには、換気をこまめに行い、部屋の中と外の温度差をなくすことが一番効果的です。しかしながら、寒い日に窓を開けるのはちょっとためらってしまいますね。また、せっかく暖房器具で暖まった部屋を冷やしてしまうのは、エコではありません。

結露に最適なのが真空ガラス「スペーシア」です。

窓ガラスの結露は窓際の空気が冷たいガラスに触れることで起きる現象です。真空ガラス「スペーシア」は、一枚ガラスに比べて室内の暖かさを逃がしにくいうえ、外の冷たさも伝わりにくいので、ガラス面が冷えにくく結露の軽減に有効なのです。

結露は、他にも多くの要因が複雑に作用して発生する現象です。だからこそ、計画的な換気を行い、室内温度をコントロールすることに加え、断熱性の良い窓ガラスを採用することが重要です。なかでも真空ガラス「スペーシア」は、以下のとおりの高性能を発揮。さまざまな条件のもとで、最も結露しにくいことが分かります。例えば、室内温度が20℃、室内湿度が60%の場合、複層ガラスでは、外気温度が-1℃で結露が発生しますが、スペーシアは、-25℃まで結露の発生を抑えるのです。

結露の発生する外気温比較 (室内自然対流、戸外風速3.5m/sの場合)

室温10℃の場合
品番 室内温度
60% 70% 80%
一枚ガラス 0℃ 2℃ 5℃
複層ガラス -9℃ -3℃ 2℃
スペーシア -30℃ -17℃ -7℃
室温20℃の場合
品番 室内温度
60% 70% 80%
一枚ガラス 8℃ 12℃ 15℃
複層ガラス -1℃ 5℃ 11℃
スペーシア -25℃ -10℃ 2℃

※一枚ガラス(透明ガラス3ミリ)
複層ガラス(透明ガラス3ミリ+中空層6ミリ+透明ガラス3ミリ)
スペーシア(Low-Eガラス3ミリ+真空層0.2ミリ+透明ガラス3ミリ)

※結露の発生する外気温度は、条件によって変化します。

お問合せ・お見積り